煩悩即菩提(ぼんのう そく ぼだい)

 
記述式内観を受けて頂く限りは、是非、成功体験を味わって頂きたいと思っています。
特に、本内観は、成就した時の「心境」は格別です。
たぶん、生まれてからの人生の中で、一度も味わった事がないことを味わえる瞬間かと思われます。
  
本内観では、
父親、または、母親、いずれかの対象を先に決めてから作業に取りかかって頂きますが、たとえばですが、父親に対して、もの凄い恨み、憎しみを感じているという人が、父親に対しての内観を行うとしたら・・・
 
常識的に考えると、このような人の場合には、仮に内観所研を受けたとしても、あまり良い結果には結びつかないのではないのかな〜? と、悲観的に考えがちになるのですが・・・
 
しかし、記述式内観の場合には、恨み、憎しみ、などなど、ネガティブ感情の強い人も、マイナスの思いが強い人も大丈夫! むしろ大歓迎です。
 
このような方が記述式内観に行う場合には、ネガティブ感情のエネルギーの「強さ」を利用して、ゴールへとお導きできるからです。
 
たとえばですが、父親に対して
ちょっとだけ不満な気持ちがあるかもしれないな~ というよりは、あの野郎、ぶっ殺してやりたいくらいだ! と、とても強い怒りや憎しみを感じている場合ですが、「思いの質は別としても、エネルギー自体は強い」という事はご理解頂けると思います。
 

このエネルギーの「強さ」を利用して壁を突破!

本内観のイメージですが、温泉掘りとよく似ています。
温泉を掘り当てるには、「ここを掘る!」と、ある一地点を決めたら、ただひたすら、そこだけを掘り進んでゆきます。
100m 200m 500mと掘り進んで、700m 掘った時点で、やっと水脈にぶち当たりました。

 
水脈まで掘り進めるには、掘る為のエネルギー(お金、労力)が相当必要とされます。中度半端な強さのエネルギーでは温泉掘りは完遂できません。
仮に、掘るためのエネルギーが弱ければ、たった200m掘り進んだ時点で断念。ということだってあり得ます。
 
本内観の場合も、これと同じような事がいえます。
恨み、憎しみ、などのネガティブ感情が強い場合、その「エネルギーの強さ」を利用して、ゴールに達する事が可能なのです。
 
逆に「私には、そんなに強いネガティブ感情なんて、無いのですが・・」という場合には、それはそれでご安心下さい。もちろん、別の手法でゴールへとお導きしています。
 
この場で特に強調したい事としましては
記述式内観の場合には、自分自身はマイナスの思いやネガティブ感情が強いな〜 と感じてしまう方でも、落ちこぼれなく、良き結果に恵まれます。という事を知って頂けたら嬉しいです。
 
過去に内観を体験された結果、「自分はネガティブな要素が強すぎるせいか、ダメだった!」と諦めてしまった方には朗報かもしれません。
 

煩悩(ぼんのう)とは、恨み、憎しみ、などなど、苦しみのこと
菩提(ぼだい)とは、煩悩を断って、悟りえた無上の境地のこと
 
煩悩即菩提とは
煩悩(苦しみ)が 即(直ちに) 菩提(光)になるという意味ですが、
まさに、癒しクリエーションで行っている本内観は「それ」なんです。

 
自分は親に対しての恨みが強いから、仮に、内観をやってもうまくゆかないのではないのかな〜 ? と、ついつい心配されがちですが・・
 
しかし、あなたの場合には、親に対しての恨み、憎しみが強かったからこそ、内観が成功したのです。 と言えてしまうのが、記述式内観の最たる特長です。
煩悩即菩提ですよね!
 


この文章を書いている私自身も過去には・・・
思い返せば、私の父は、酒を飲んでは大暴れ、酒を飲んでは大暴れの、まさに酒乱の人でした。
 
私とは似ても似つかない、元々、強靱な肉体の持ち主でしたから、一升酒、いや、二升酒(?)近く飲んで、毎晩、毎晩、どんちゃん騒ぎで、大迷惑でした。小さい頃から私は、「あの野郎、いつか、・・・」と思って育ちました。
 
あるとき、マスコミで「金属バットで、子が親を殴り殺した」という事件が報道されましたが、その当時の私にとっては、他人事ではない、とても身近な感じがしました。もし、自分がそうなったら大変だと恐怖さえ感じたこともありました。
 
そんな環境の中で、母は心をすり減らし、病気を繰り返しながら、昭和63年の秋、55才の若さでこの世を去りました。母が亡くなったとき、「お前が殺したんだろう!」と、父に対して、文句を言いたいくらいでした。まさに、怒りや憎しみ、怨みの思いで、私の心は一杯でした。
 
でも、そんな私でも、心の中に蓄積されていたネガティブな感情や思いを処理した結果、見事に変わることができました。
 
今は、父、母に対してのネガティブな思いや感情は一切ありません。嘘のような話ですが、心の底から、父、母に対して、感謝の気持ちで満ちています。
 
不思議ですね。あの私がですよ~~ と思うのですよ。
ですから、もしも、あなたが私と同じように、心の中がネガティブな感情や思いで一杯だとしても悲観するには及びません。
 
どんなに沢山のネガティブ感情やマイナスの思いを持っていたとしても、必ず、花開く時はやってくると思いますよ。
 
その一番の近道は、自分の中にあるネガティブ(心のゴミ)を処理することかと思います。つまり、自らの潜在意識に蓄積されてしまったネガティブな感情や思いを消去することに尽きると思います。
 
煩悩即菩提、是非、体験してみて下さい。